WINDOWS及びサーバー関連の話題、TIPS & テクニック の一覧に戻る

SQL SERVER にてデーターベースのバックアップを取る方法

SQL SERVER の Transact-SQL にて、データーベースのバックアップを取る方法


SQL SERVER の Transact-SQL にて、データーベースのバックアップを簡単に取る方法を記載します。

USE データーベース名;
BACKUP DATABASE データーベース名 TO DISK = 'ファイルパス' WITH NAME = '任意の名称';

とします。例えば、

USE master;
BACKUP DATABASE master TO DISK = 'Z:\SQLBACKUP\masterdb.sqlbak' WITH NAME = 'masterdb';

のようにします。

バックアップされたファイルをリストア(復元)するには、

RESTORE DATABASE データーベース名 FROM DISK = 'ファイルパス';

のようにします。上書きする場合は、

RESTORE DATABASE データーベース名 FROM DISK = 'ファイルパス' WITH REPLACE;

とします。

データーベース名に空白文字が含まれる場合は、[ ] で囲みます。
DB 1 というデーターベースの場合、

USE [DB 1];
BACKUP DATABASE [DB 1] TO DISK = 'Z:\SQLBACKUP\masterdb.sqlbak' WITH NAME = 'masterdb';

のようにします。更に、データーベース名に元々 [ や ] が含まれる場合は、名称中の ] を二重にします。
DB [1] というデーターベースの場合、

USE [DB [1]]];
BACKUP DATABASE [DB [1]]] TO DISK = 'Z:\SQLBACKUP\masterdb.sqlbak' WITH NAME = 'masterdb';

とします。

バッチファイルにて実行する場合は、上記のスクリプトを任意のファイル名にて
テキストファイルとして保存し、

SQLCMD -S サーバー名 -U ユーザー名 -P パスワード -i スクリプトファイル名

とします。例えば、

SQLCMD -S localhost\SQLSV,1433 -U sa -P 3h3x#drz -i "C:\sql\backupscript01.txt"

のようにします。



WINDOWS及びサーバー関連の話題、TIPS & テクニック の一覧に戻る

Information of This Page
SQL SERVER にてデーターベースのバックアップを取る方法 pubdate:


© 2017
Author : FloatGarden