WINDOWS及びサーバー関連の話題、TIPS & テクニック の一覧に戻る

購入してマイクロソフトアカウントに登録した複数の OFFICE ライセンスについて、どれがどれだか分からなくなってしまった時の対処方法

購入してマイクロソフトアカウントに登録した複数の OFFICE ライセンスについて、どれがどれだか分からなくなってしまった時の対処方法

1つのマイクロソフトアカウントに、複数の OFFICE ライセンスを登録して関連付けた場合、管理が少し分かり難くなります。

このページでは、以下の3つについて説明をします。


1、取得した(所持している)プロダクトキーを表示する方法

2、各PCに、どのプロダクトキーがインストールされているかを調べる方法

3、インストールされているプロダクトキーを変更する方法




1、取得した(所持している)プロダクトキーを表示する方法

まず、マイクロソフトアカウントにログインします。

https://stores.office.com/myaccount/

一覧から、プロダクトキーを表示したい Office を選び、「プロダクトキーの表示」を押します。

「ディスクを持っている場合」を押して「プロダクトキーの表示」を押すと、表示されます。

これは、買った時のカードに記載されているプロダクトキーとは違う場合があることに注意して下さい。

カードに記載されているプロダクトキーは「インストールプロダクトキーを取得するためのプロダクトキー」です。



2、各PCに、どのプロダクトキーがインストールされているかを調べる方法

コマンドラインにて、以下のコマンドを実行します。


32bit Windows で 32bit版のOfficeを使っている。もしくは、64bit Windows 64bit版のOfficeを使っている場合

 Office 2013 の場合:
 cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus

 Office 2010 の場合:
 cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs" /dstatus


64bit Windows で 32bit版のOfficeを使っている場合

 Office 2013 用:
 cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus

 Office 2010 用:
 cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs" /dstatus


こうすることで、プロダクトキー 25文字の末尾 5文字を表示することができます。

もし、エラーなどで上手く行かない場合、ospp.vbs をファイル検索してみて下さい。

そして、

cscript "見つかったospp.vbsへのフルパス" /dstatus

とします。



3、インストールされているプロダクトキーを変更する方法

重複して登録してしまっているなどを発見した場合、以下のようにしてプロダクトキーを変更可能です。

XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX のところに、実際の登録するキーを入力します。


32bit Windows で 32bit版のOfficeを使っている。もしくは、64bit Windows 64bit版のOfficeを使っている場合

 Office 2013 の場合:
 cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 Office 2010 の場合:
 cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX


64bit Windows で 32bit版のOfficeを使っている場合

 Office 2013 用:
 cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 Office 2010 用:
 cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX


もし、エラーなどで上手く行かない場合、ospp.vbs をファイル検索してみて下さい。

そして、

cscript "見つかったospp.vbsへのフルパス" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

とします。


説明は以上です




WINDOWS及びサーバー関連の話題、TIPS & テクニック の一覧に戻る

Information of This Page
購入してマイクロソフトアカウントに登録した複数の OFFICE ライセンスについて、どれがどれだか分からなくなってしまった時の対処方法 pubdate:


© 2016
Author : FloatGarden