自作ソフトウェアの配布の一覧に戻る

WAVEPLAY 8

WAVEPLAY 8 は、ASIO に対応した VST をホストできるシンプルなフォルダ単位のハイレゾ対応音楽再生プレイヤーです。

WAVEPLAYのバージョン 8.1002b です。

このバージョンはASIOデバイス専用です。
音楽ファイルをフォルダ単位で再生します。また、VSTプラグインを利用できます。

このバージョンはβであり、不安定な面も多いですが、ご要望がありましたので公開します。
WAVEPLAYは元々、音楽をフォルダ単位で聴く習慣がある方や、
DAWで使う大量の音楽素材を簡単に確認し、ドラッグ&ドロップしたい方の為に作られました。

このプログラムを使用して発生したいかなるトラブルにも、責任を持ちません。
同意される場合は、以下のリンクをクリックしてダウンロードしてください。
waveplay81002b.zip

● 動作環境 ●

WINDOWS7 Pro x64、DotnetFramework4.0full にて動作確認を行っています。
DotnetFramework4.0fullのダウンロードはこちらから。

● 使い方 ●

セットアップして起動し、ドライブ、フォルダを選択し、WAV/MP3/DSD(.dsf)/FLAC をクリックすると再生を開始します。
(レートによっては再生できないものもあります)
ファイル一覧部分にファイルをドロップすると、そのフォルダにジャンプします。

また、ファイル一覧部分からエクスプローラー/デスクトップ/FLstudioなどにファイルをドロップすることもできます。

「>」ボタンを押すと、右側にお気に入りフォルダの一覧が表示されます。
表示されている状態で、もう一度「>」を押すと現在のフォルダをお気に入りに登録します。
右側のリストをクリックすると、フォルダを切り替えることが出来ます。

「)(」ボタンを押すとウィンドウが再び小さくなります。

● このバージョンからDSD(.dsf)に対応しています ●

DSD(.dsf)も、ファイルを選択するだけで再生されます。

● このバージョンからASIOに対応しています ●

立ち上げて「>」を押し、右下のASIOのチェックを入れた状態にして、使いたいASIOのデバイスを選んでください。
選び直した場合は WAVEPLAY 自体を再起動してください。

● このバージョンからVSTのホストに対応しています ●

VSTのイコライザーやリバーブなどを挿すことができます。
また、それらの設定は各曲の演奏中に「SAVE VST」を押すことで曲ごとに保存でき、自動的に呼び出されるようになっています。

VSTの登録は、自分のマイドキュメントフォルダの中の、waveplay8 フォルダの中に、
VSTのDLLのフルパスを記述することで行ってください。改行区切りにて、8つまで挿すことができます。

● おかしくなった場合 ●

曲ごとのVSTの設定は、自分のマイドキュメントフォルダの中の、waveplay8 フォルダの中の、vstsave に入っていますので、
特定の曲での動作が変になったという場合、ここを調べて当該ファイルを消去してみて下さい。

どうしても起動しなくなった場合、waveplay8自体を、コントロールパネルにてアンインストールし、
自分のマイドキュメントフォルダの中の、waveplay8 フォルダをすべて消去してから、
再インストールしてみて下さい。

● お勧めのフリーのVSTは、こちらに公開されています ●

イコライザ
Voxengo Marvel GEQ

リバーブ
Voxengo OldSkoolVerb




自作ソフトウェアの配布の一覧に戻る

Information of This Page
WAVEPLAY 8 pubdate:


© 2016
Author : FloatGarden