マイコン・電子工作関連の話題の一覧に戻る

ポテンショメータ ピンアサイン メモ

ポテンショメータ ピンアサイン メモ


デジタルポテンショメータICとは、可変抵抗(半固定抵抗)をデジタルで制御できるようにしたようなものです。
(全て左上が1番ピン)

特に、アップ/ダウン クリック方式 は、HI/LOWピンにて、+か-かの方向を指定しておき、
クリックピンにて変更ができるので簡単に使用できます。(但しチャタリングに気を付ける必要があります)

up/down ピンは通常up状態(high)にして、プルアップします (V+から抵抗 10K を介して接続します)
その状態でピンをGNDに接続すると down になります。

INC(CLK)クリックピンも通常 high にして、プルアップします (V+から抵抗 10K を介して接続します)
その状態でピンをGNDに接続すると クリックになります。

MAXIM - DS1804 - アップ/ダウン クリック方式

INC DS1804 Vcc
U/D CS
H L
GND W

H,L,W = 可変抵抗接続ピン
Vcc = V+
U/D = up/down 選択ピン
INC = クリックピン
GND,CS = 通常GNDに接続
データーシート DS1804

ANALOG DEVICES - AD5220 - アップ/ダウン クリック方式

CLK AD5220 Vdd
U/D CS
A1 B1
GND W1

A1,B1,W1 = 可変抵抗接続ピン
Vdd = V+
CLK = クリックピン
U/D = up/down 選択ピン
GND,CS = 通常GNDに接続
製品HP AD5220

ANALOG DEVICES - AD5242 - I2C方式

O1 AD5242 A2
A1 W2
W1 B2
B1 O2
Vdd Vss
SHDN DGND
SCL AD1
SDA AD0

SCL,SDA = I2C接続 (AD524X I2C data)
A1,B1,W1 = 可変抵抗接続ピン1
A2,B2,W2 = 可変抵抗接続ピン2
Vdd,SHDN = 単純な使用方法ではV+に接続
Vss,DGND,A0,A1 = 単純な使用方法ではGNDに接続
製品HP AD5241
製品HP AD5242



マイコン・電子工作関連の話題の一覧に戻る

Information of This Page
ポテンショメータ ピンアサイン メモ pubdate:


© 2018
Author : FloatGarden