マイコン・電子工作関連の話題の一覧に戻る

ブレッドボード用ジャンパピンのオレンジとイエローの追加

ブレッドボード用ジャンパピンのオレンジとイエローの追加


ブレッドボードは、はんだを使用しないでも回路が構成でき、
回路を考えたりテストしたり、実際に構成した機器をそのまま使用するにも便利なツールです。

回路接続用にジャンパピンを使用しますが、オレンジとイエローは、
部品エリアと電源エリアを繋ぐ用途に使うため、
オレンジが足りなくなりがちです。イエローもその次に足りなくなりがちです。
(メーカーによって色が違いますが、オレンジ=幅3、イエロー=幅4として説明します)

幸い、それぞれの色に長いものが付いていて、通常かなり余ります。それから結構自然に作ることができます。:)
長い方は、イエロー=幅40、オレンジ=幅30です。足の長さを合わせるとイエロー=幅45、オレンジ=幅35です。

オレンジ1本からは4つ、イエロー1本からはちょうど5つ作ることができるようになっています。

カット及び被覆を取り除く位置の印をつけるため、長いブレッドボードに挿します。
足の長さは 2.5 なので、

イエローは1つ、 2.5 + 2.5 + 4 = 9
オレンジは1つ、 2.5 + 2.5 + 3 = 8

となります。

イエローは、カットの位置として、
7.5 / 16.5 / 25.5 / 34.5
被覆を取り除く位置として、
5 / 10 / 14 / 19 / 23 / 28 / 32 / 37
に印をつけます。



オレンジは、カットの位置として、
6.5 / 14.5 / 22.5 / 30.5
被覆を取り除く位置として、
4 / 9 / 12 / 17 / 20 / 25.5 / 28
に印をつけます。
この場合、22.5~25.5 の区間は使用しません。

オレンジの、中間の2つの足を少し長くして余りを無くす場合は、
カットの位置として、
6.5 / 16.5 / 25.5
被覆を取り除く位置として、
4 / 10 / 13 / 19.5 / 22.5 / 28
に印をつけます。

印は、普通のマジックでつけます。
被覆を取り除くには、ワイヤーストリッパーにて、0.6を使うと良いと思います。
マジックでつけた印がちょうど見えなくなるように被覆を取り除くのがコツです。



たくさん出来ました☆



マイコン・電子工作関連の話題の一覧に戻る

Information of This Page
picture ブレッドボード用ジャンパピンのオレンジとイエローの追加 pubdate:


© 2018
Author : FloatGarden