[DTM / FLSTUDIO の目次に戻る]

FL studio ミキサーの使い方

FL studio ミキサーの使い方。各音を別々のミキサーチャンネルへ送る方法について。

FL STUDIO におけるミキサーの概念を説明します。

まず、パターンに縦に並んでいるそれぞれの音があります。
この場合、キック、クラップ、ハット、スネア、そして FL KEYS を追加してあります。



FL KEYS は メニューの「CHANNELS」から、「ADD ONE」の、
「FL KEYS」を選ぶと追加されます。FL KEYS は、FL STUDIO に標準添付のピアノ音源です。





これらの音を、ミキサーの別々のトラックに送ってみたいと思います。

パターンの音のボタンを押すと、こんなウィンドウが表示されます。
とりあえずキックを押してこれを表示させました。
他のウィンドウに隠れていることもあるので注意してください。



ちなみに下部分の波形をクリックすると音を確認できます。



右上のFXのところを、マウスでつかんで上下に動かしてみてください。
数字が動くはずです。実は最初から1になっていました。
キックは、ミキサーの1番に音が入るようになっていたのです。

クラップは2番、ハットは3番、スネアは4番に設定されています。

適当に入力して、再生してみましょう。



再生。



ミキサーの各番号の音量が振れています。一番左はマスターです。
ミキサーの何番に入っても、音はそのあとマスターに入って混ざります。
そしてその音がスピーカーから聞こえます。



良く見るとミキサーには、Insert というのと Send というのがありますが、
とりあえず使われるのは Insert です。Send についてもまた説明します。

さて、追加した FL KEYS を 5番に入れてみましょう。
FL KEYS をクリックして、表示されたウィンドウの右上のFXを5にします。


FL KEYSをクリック


FXを5に設定


FL STUDIO 12.1 では、チャンネルラックにてFXを設定可能です。

試しにこのウィンドウの鍵盤を押してみてください。
FL KEYS で鳴った音はミキサーの5番に入ります。

このようにして、それぞれの音をミキサーの違うトラックに入れることができます。

なぜ、こんなことをするのかというと、
各音(楽器など)に対して、個別にエフェクトをかけたり、音量を調整したり、
左右のパンを設定したりする場合に便利だからです。




以上で、説明は終了です。



[DTM / FLSTUDIO の目次に戻る]

Information of This Page
picture FL studio ミキサーの使い方 pubdate:


© 2016
Author : FloatGarden