[DTM / FLSTUDIO の目次に戻る]

FL STUDIO - GROSS BEATの使い方

FL STUDIO - GROSS BEATの使用方法について説明します


GROSS BEAT は、簡単にスタッターやスクラッチの効果を得ることができるエフェクトです。
これは FL STUDIO が持っている最も素晴らしいプラグインの一つです。

GROSS BEATは、エフェクトのスロットに挿入します。
理解しやすいように、最初はドラムループが出力されているミキサーのトラックに対して割り当ててください。

左上のリストは、時間による演奏位置の移動のエフェクトです。
クリックで設定(スロットと呼びます)を呼び出すことができます。


最初から入っている設定も面白いものがたくさん入っています。まずは、
ドラムループを再生した状態で、左上のリストから色々と選択して、
このエフェクトがどのようなものかを確認してみて下さい。

その上で、以下に、GROSS BEAT の効果を自分で作成する方法を説明します。

最初は、左上の「Empty」になっています。何も設定されていません。
そして、斜めに伸びている線が、時間0の位置です。



何もせずにそのまま演奏する場合(既定の状態)は、このように真っ直ぐ横です。
4拍あるドラムループですと、そのまま、1拍目、2拍目、3拍目、4拍目と演奏されます。


下のように設定した場合は、2拍目で最初の位置に戻ります。つまり、
1拍目,1拍目,2拍目,3拍目 と演奏されます。


更に、下の場合は、3拍目で、本来の演奏位置に戻ります。つまり、
1拍目,1拍目,3拍目,4拍目 と演奏されます。


つまり位置と時間の関係はこのようになっています。




スクラッチ:
このように斜めに波を描くように設定すると、スクラッチの「キュッ」というような音を出すことができます。
最初の部分を少し真横に伸ばしておくと良い結果になります。


このような波の形にするには、ポイントを右クリックして「Double Curve」を選び、中間の円をドラッグして調整します。


そして重要なのは、GROSS BEAT のスロットの選択を、曲中でオートメーションにて行うことです。
それにより、パターンを次々と変化させることができるようになります。


小節の変わり目の位置の値にて、プリセットが変更されます。


以上で説明は終了です。



[DTM / FLSTUDIO の目次に戻る]

Information of This Page
picture FL STUDIO - GROSS BEATの使い方 pubdate:


© 2017
Author : FloatGarden