映像・画像の制作についての話題の INDEX に戻る

ffmpegにて、連番のファイルを動画に変換する方法 (windows)

ffmpegにて、連番のファイルを動画に変換する方法 (windows)


連番になっているファイル(シーケンス)は、AfterEffectsではそのまま動画として読み込むことができますが、
ffmpegを使えば、動画ファイルに変換することが可能です。

コマンドラインにて、以下のように ffmpeg を実行します。

ffmpeg -i 連番ファイルのシーケンス -vcodec コーデック -q 0 出力ファイル

例えば以下のようにすると、6桁の連番ファイルが、huffyuv コーデックにて、video_output.avi というファイルになります。

ffmpeg -i "C:\videotemp\%06d.jpg" -vcodec huffyuv "C:\videotemp\video_output.avi"

6桁ですと、入力として、000001.jpg 000002.jpg 000003.jpg ... のようなファイルが必要です。

ちなみに、連番の途中からのファイルではうまく行きませんでした。
例えば、000009.jpg ~ は受け付けましたが、000010.jpg ~ はエラーとなりました。

同じく、以下のようにすると Motion JPEG にてエンコードされます。

-q 0 のところは圧縮の品質設定です。値を大きくすると圧縮率が高くなり、画質が落ちます。

ffmpeg -i "C:\videotemp\%06d.jpg" -vcodec mjpeg -q 0 "C:\videotemp\video_output.avi"

逆に、動画を画像(静止画)として出力するには、

ffmpeg -i video_input.AVI -f image2 -vcodec bmp image%06d.bmp

のようにします。

以上で説明は終了です。




映像・画像の制作についての話題の INDEX に戻る

Information of This Page
ffmpegにて、連番のファイルを動画に変換する方法 (windows) pubdate:


© 2017
Author : FloatGarden