プログラム技術、VB.NET TIPSの一覧に戻る

ASP.NET のアドレスに、手動で記述したフォームから提出を行う場合の注意事項 - VB.NET TIPS

VisualStudio 2013 にて作成された ASP.NET のアドレスに、手動で記述したフォームから提出を行う場合の注意事項 - VB.NET TIPS

VisualStudio 2013 にて作成された ASP.NET のフォーム提出はポストバックです。つまり、必ず自分自身が呼び出されます。

その際の既定のURLは、"default.aspx" ではなく、 "default" となります。なので、

<form action="default.aspx" method="post" enctype="multipart/form-data">

ではなく、

<form action="default" method="post" enctype="multipart/form-data">

と記述する必要がります。

default.aspx にしてしまうと、URLの書き換えが生じて、その際に、ポストされたデータはクリアされてしまうようです。

提出先を default.aspx ではなく default にすれば、今までも可能であった action のURLに記述するクエリ(get)も上手く行きます。

つまり、

<form action="default?a=1" method="post" enctype="multipart/form-data">

としたとき、フォームの各値は post で提出されたものが正常に代入されるとともに、

Request.Querystring("a") も 1 になります。





説明は以上です


Tweet

プログラム技術、VB.NET TIPSの一覧に戻る

Information of This Page
ASP.NET のアドレスに、手動で記述したフォームから提出を行う場合の注意事項 - VB.NET TIPS pubdate:


© 2016
Author : FloatGarden